2代目ED治療薬のレビトラ

日本での総計患者数は推定で約2000万人近くで成人男性の3人に1人が該当している性病は何だかご存知でしょうか。
それは勃起不全等の性機能障害であるEDなのです。
EDとは英語でErectilDysfunctionの省略であり、勃起不全を意味します。
言葉自体で捉えると今では一般的に広く浸透しましたがどんな症状なのかと聞かれると勃起はせず性行為が出来ないとの誤解が解かれていないのが現実なのです。
一昔前はインポテンツを指す代表的単語として使われがちでしたがこの単語は不能という意味で92年に勃起不全の意味を表してるEDという2文字が用いられる様になりました。
09年ファイザー社が独自で行った調査によれば40代で61%、50代が62%、60代以上57%が月に1回以上性行為をしている事実が判明し、詰りは男性の多くがいくつになってもパートナとのセックスをしていたいと強く願っているのです。
そこで勃起障害の治癒方法の1つとして一般的に使われているのがED治療薬です。
初代ED治療薬のバイアグラに続きシアリス、レビトラが続いて販売されています、そこで今回は3つのED薬の中で最も新しいレビトラを紹介します。
レビトラはバイアグラに続き世界で2番目に売出されたED治療薬でアスピリン開発等で名を上げてるドイツ製薬会社バイエルから03年に発売され日本では04年から承認販売が開始されています。
名前の由来は、男性の命の意味の造語でありその名の通り特徴は効果の出るスピードです。
服用後早い人で5分、平均は15分程で効果を実感する事が出来、効果時間もバイアグラが5時間ですがこの薬は8時間から10時間といった倍近くの持続時間となってます。
服用の際注意点としては血流改善の働きが勃起の補助をしてくれる云わば勃起補助薬であるがために服用をすれば勃起するといった薬では無い事を頭に入れておきましょう。
又、レビトラの副作用に関して言えば代表的な顔の熱りや鼻中の血管が拡張するのに同調して起る鼻詰り等が見られますがこれらの症状は小数時間が経過すれば治るモノなので気にする必要は御座いません。
肝機能障害や高血圧の方や脳梗塞等の脳内病を半年以内に経験した方については症状悪化や最悪の場合命に係わる重篤な状態になってしまう危険性があるので服用出来ません。
上記の病気をお持ちの方は医師による診断の元自分に合ったED治療法を受ける事を勧めます。

オススメのレビトラの通販サイトはこちら